日記・コラム・つぶやき

救援物資が届きました

3月17日(木)Sdscn8094

EUジャパンフェスト日本委員会から救援物資が届きました。

東京から新潟の阿賀町へクロネコさんが彫刻家の佐藤賢太郎さん宅へお届け。
賢太郎さんは県境を越えて、会津坂下インター近くの「里山のアトリエ坂本分校」に午後4時半頃到着。
Sdscn8092 佐藤賢太郎さん御夫妻と共に搬入を完了しました。
大変お世話になりました。
分校では、責任を持って救援物資管理をします。

次回は、こちらから阿賀町へ伺います。
佐藤賢太郎さんのところと「里山のアトリエ坂本分校」が保管場所になります。

町としては、ボランティアが必要なことと、支援物資のマッチングが必要かつ大変とのことでした。


ガソリンと灯油の不足が最大の困りごとです。
被災者の避難場所でも一番欲しい物資は「灯油」でした。

久しぶりの分校

12月11日(土)/Sdscn7118

 久しぶりに分校へ行ったら、なんと分校入り口の看板?が倒れていました。

 看板の根元が腐ったのでしょうか?

 それにしても誰もケガをしなったのが幸い。

 「げんちゃんの森」へ行き一周してから帰宅しました。

早朝の分校

5月10日(日)Sdscn5895

 早朝、「里山のアトリエ坂本分校」へ草刈りに行きました。

 静かな分校でしたが、農作業中の10名近くの人々に挨拶Sdscn5897 をしました。

OH!江払い

5月 6日(水)Sdsc00061

 村の田植え前の大イベントが、江払い(堀さらい:生活用水と農業用水)です。

 4月下旬か5月上旬に実施されます。

 Sdsc00050 ちなみに我が村では「大江払い」(オオエハライ)とい言い、村人総出で1時間弱で終了します。

 ところが、「里山のアトリエ坂本分校」がある大沢地区の江払いは、約3時間というハードなものです。

 これぞ「大江払い」!Sdscn5862

 お役に立てたかどうかは「?」ですが、坂本分校からは3人の参加。

 タイヘンお世話になりました。

  サワSdsc00058_3ガニやドジョウはいるし、ワラビも取ってきました。(ワシは何をしているのだろう・・・・。)

 「水神様」も初めて拝ませていただきました。

 福満酒造が勧請したといわれる「水神様」、祠にはSdsc00054大正三年らしき文字が・・・・、気になります。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

会津坂下町

  • Atelier Noko彫刻村わんにゃん物語
    「里山のアトリエ坂本分校」日々の“わんにゃん物語”
  • YOU塾日誌
    会津坂下町にある創業22年の学習塾。 本当の学ぶ力とは、と自問しながら、日々授業をしています。
  • 会津坂下町グリーン・ツーリズム促進委員会
    「里山のアトリエ坂本分校」内にインフォメーションセンターがあります。会津坂下町のグリーン・ツーリズムの紹介をしています。
  • 会津 游山窯
    「陶芸人」、日々の覚書。
  • Atelier Noko
    「Atelier Noko彫刻村」は、里山のアトリエ坂本分校内にあります。アート活動を通してユニークな“作品”が日々生み出されています。
無料ブログはココログ